電車計画にフランスが参加か

ピーラポン運輸副事務次官によれば、在タイ・フランス大使館の担当者との話し合いでフランス側がバンコク首都圏の電車路線のうちオレンジ・ライン(文化センター=ミンブリ)、イエロー・ライン(ラートプラオ=サムロン)、そして南部プームケットの電車プロジェクトの開発にタイの大手ゼネコンであるイタリアンタイ社とともに参加する意向を示したとのことだ。 これらの電車プロジェクトについては業者選定の入札が今月実施され、来年初めには入札者が決まり、同年4月には契約が締結される見通し。 また、同副事務次官は6月30日、タイを訪れた韓国の使節団とタイの鉄道開発におけるタイ・韓国の協力について話し合いをしたとのことだ。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2016年7月1日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら