新憲法草案を否決に持ち込むため反政府勢力が工作か

憲法起草委員会(CDC)のミーチャイ委員長は7月7日、8月7日に予定されている国民投票で新憲法草案を否決に持ち込もむための工作が存在すると報告した。 CDCは先に北部チェンマイ県で草案をよく理解してもらうため重要部分を抜粋した概要書を配布したが、同委員長によれば、概要書と表紙のデザインは同じだが内容の異なるものが何者かによって配布されていたという。このニセ概要書は誤った情報を広めることが狙いとみられるため、現在内容を詳しくチェックしているところだ。 また、その内容は、先に新憲法草案に否定的な学生グループが配布したビラの内容に似通っているという。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2016年7月8日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら