タイ中銀、失業率の上昇を懸念

タイ中央銀行のウィラタイ総裁はこのほど、失業率が上昇し、これが家計債務に影響しているとの見方を示した。特に農業従事者と大学新卒者の失業者増加が懸念されるという。 タイの失業率は、今年4月が1・04%、5月が1・2%だった。なお、同総裁によれば、農業部門に関しては、降雨量が通常のベルに戻れば、農作業が忙しくなって人手が必要となるため、失業率が低下することが期待されるという。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2016年7月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら