安全点検が必要なバンコクのビルは2万棟以上

先にバンコク都チャトゥチャク区で老朽化したビルの外壁の一部が崩落したことを受け、タイ工学研究所(EIT)はこのほど、バンコクでは安全点検が必要な建物が 2万棟以上にのぼるとの見方を明らかにした。 EIT土木工学部の責任者アネク氏によれば、建物の寿命を延ばすべく、とりわけ高層ビルは毎年専門家による検査を受けて状態を良好に維持する必要があるという。 また、同氏によれば、自動車の排気ガスに含まれる二酸化炭素によってコンクリートが劣化するため、交通渋滞がひどいエリアにある建物のほとんどに状態の悪化がみられるとのことだ。 また、国内の橋のうち1万2000あまり(距離にして約490キロメート ル)は建設から50年以上経過しており、50トン以上の重さに耐えられるよう補強することが必要という。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。