首相が強権発動、交通違反の罰則を強化

現行暫定憲法44条に規定された首相強権により、交通違反を犯した運転者と同乗者への罰則を重くすることが、3月21日に官報に掲載され発効した。例えば、当局は駐車違反の車両を直ちに移動することが可能となり、その費用は車両の所有者が負担する。また、運転者はシートベルトを自ら着用するとともに同乗者にも着用させる義務を負うほか、交通違反の罰金を期限内に納めなかった場合、自動車税納入の手続きを行うことができなくなる。なお、交通安全を推進する民間団体などからは、「ドライバーから強い反発が出ることも予想されるため、特にシートベルト着用については違反の取り締まりを4-5カ月程度遅らせた方がよい」との声もあがっている。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2017年3月23日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら