国立芸術大学で男性講師が女子学生にセクハラか

国立の芸術大学であるシンラパコン大学で男性講師が自分のためだけに女子学生にヌードモデルをさせ、裸で卑猥な格好をさせて写真を撮ろうとした疑いが浮上し、大学当局が真相究明に動き出すことになった。男性講師から個人的に頼まれてヌードモデルになった女子学生のボーイフレンドがネット上にこの講師について投稿し、マスコミでも取り上げられることになった。それによると、呼び出された教室には講師だけしかおらず、講師は女子学生が教室に入るとすぐにドアに鍵をかけ、全裸になってM字開脚することなどを要求。女子学生は裸にはなったものの、それ以上の要求は拒否。また、服を着て教室を出るまでの間、講師は女子学生の写真を撮り続けていたとのことだ。このような恥ずかしい体験をした女子学生が何人もいるという。講師はモデルになった女子学生に教室内で撮影した裸の写真を送りつけたりもしていたという。今回の投稿がきっかけで大学当局が調査に乗り出すことになったが、大学側もこの講師の行動についてはある程度把握していたとのことだ。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2017年7月17日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。