主要PCパーツで明暗、需要増のSSDとメモリ、グラボは後退

主要PCパーツで明暗、需要増のSSDとメモリ、グラボは後退
 PCを自作する際に必須となる主要パーツの販売数量伸び率(前年同月比)を算出したところ、前年を大きく上回ったのはSSDとメモリで、ほぼ前年並みにとどまったのはマザーボードとCPU、HDDベアドライブ。一方、大幅なマイナスに転じたのはグラフィックボード(グラボ)で、ジャンルごとに明暗が分かれた。特に目につくのはSSDの好調ぶりで、単価下落を背景に動きが活発化していることが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から明らかとなった。

 2018年1月から19年2月までの主要PCパーツの販売数量伸び率をみると、売れ行きにばらつきがあることが分かる(図1)。まず、SSDは集計期間中の全ての月で伸び率はプラスで推移しており、直近の19年2月は230.5%と前年の2倍以上の販売数量となった。メモリは前年割れで推移してきたが、基調は徐々に改善。18年12月にはようやくプラスに転じ、19年2月には前年比5割増の155.3%に達した。一方、プラスで推移していたCPUやマザーボード、HDDベアは、18年11月に揃ってマイナスへと後退。2月はマザーボードが116.6%と2桁増となったが、CPUは104.1%、HDDベアは97.7%とほぼ前年並みにとどまった。これに対して仮想通貨のマイニングブームの沈静化などで販売が鈍化したグラボは、18年後半から前年比60%程度と低調な推移となっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年3月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。