「HUAWEI P30 Pro」をハンズオン!“4眼”でスマホカメラはどう変わる?

「HUAWEI P30 Pro」をハンズオン!“4眼”でスマホカメラはどう変わる?
「HUAWEI P30 Pro」の“4眼”は何が凄いのか。ハンズオンで検証した
       
 【パリ発】 2018年3月にファーウェイ・テクノロジーズが発表した「HUAWEI P20 Pro」はトリプルカメラ構成を採用し、スマートフォンカメラの限界を超えてみせたエポックメイキングな一台だった。さすがにこのレベルのステップアップはもう数年先だろうと思っていたが、1年後の3月26日(パリ・現地時間)に発表された「HUAWEI P30 Pro」は予想を良い意味で裏切った。新たに採用した“4眼”でスマホカメラはどう変わるのか。ハンズオンした印象をもとにレポートしたい。

 約6.47インチの有機ELディスプレイ(2340×1080、FHD+)を搭載する「HUAWEI P30 Pro」のアウトカメラは、2000万画素/F2.2の超広角レンズ、4000万画素/F1.6の広角レンズ、800万画素/F3.4/5倍ズームのペリスコープレンズ、ToFセンサーで構成される。
●光学との区別は困難 超高精細のハイブリッド10倍ズーム
 キーテクノロジーとなるのが、屈折光学技術したペリスコープレンズ。複数のレンズが組み合わさることで、実現する焦点距離は16~1343mm。実際に発表会が行われたパリコンベンションセンターから見えるエッフェル塔を撮影して、その仕上がり具合を確認してみた。
 建物内からの撮影となったため、ガラスの反射があるのはご容赦いただきたい。まずは超広角からの1枚。エッフェル塔を中心にパリ市街の全景を撮影した。事前情報がなければ、初見ではエッフェル塔はどこに映っているかもわからない豆粒大のサイズだ。
BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月27日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。