進むプロ野球の“チケットレス化” 開幕直前、各球団の状況は?

進むプロ野球の“チケットレス化” 開幕直前、各球団の状況は?
開幕直前のプロ野球では紙のチケットレス化が進んでいる
 キャッシュレスなどの“レス化”が進む今、3月29日に開幕する日本プロ野球でも、レス化への取り組みが強まってきた。注目されるのは、紙を使ったチケットのレス化だ。人員削減・業務効率化が期待され、最近ではスマホがチケットになる球場も出てきた。各球団がどのようにレス化を進めているのか、現在の状況をまとめた。

 セ・パ両リーグ合計12球団のうち、チケットの電子化を実現しているのは、「オリックス・バファローズ」「埼玉西武ライオンズ」「中日ドラゴンズ」「阪神タイガース」「福岡ソフトバンクホークス」「北海道日本ハムファイターズ」「横浜DeNAベイスターズ」の7球団だ。
 このうち、オリックス、阪神、日本ハムは、「LINEチケット」を活用している。チケットの購入から利用まで、全てをLINE上で完結。チケットのシェアもトークで行える。入場時には、スマホに表示したチケットをスタッフに提示し、入場処理をしてもらう。
 福岡ソフトバンクは、QRチケットを用意している。オンライン上で決済し、試合当日はスマホに表示したQRコードが入場券の代わりになる。同球団は、リアルタイムで価格が変動する「AIチケット」も導入しており、チケットのIT化に力を入れている。
 埼玉西武、中日、横浜DeNAは、独自の電子チケットで発券の手間を省いている。埼玉西武は、スマホチケットの「Quick Ticket」。オンラインで購入したら、LINEでチケットが届き、友達にもLINEで送ることができる。入場時には、スマホにチケットを表示し、電子スタンプを押してもらうだけ。専用

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年3月28日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。