小型タブレット端末と大画面化するスマートフォンの競合状況は?

小型タブレット端末と大画面化するスマートフォンの競合状況は?
 タブレット端末市場は、2019年4月の台数伸び率(前年同月比)が124.0%と、ここ一年で最も大きな伸びを記録した。これは3月末に発売となったiPadの新製品による影響であることが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から明らかになった。

 タブレット端末市場の伸び率を振り返ると、18年4月は96.8%と前年割れを喫して以降、月を追うごとにマイナス幅は拡大し、7月に87.8%、9月は84.3%と悪化していた(図1上)。しかし、電子決済の還元キャンペーンなどが需要を刺激し、18年12月に110.4%と2ケタ増へと転じた。その後、前年並みの水準を維持するまでに復調、19年4月は124.0%と躍進した。市場が回復した大きな要因は、19年3月末に発売となったiPad miniとiPad Airだ。
 そこで過去13カ月の画面サイズ帯別の台数構成比をみると、18年4月から10月までの7カ月間には大きな変化はみられなかったが、18年11月では「11"以上」の構成比が前月の3.0%から13.8%へと10ポイントも上昇したのは、11.0"と12.9"のiPad Proの販売がスタートしたことによるもの(図1下)。19年3月以降はiPad miniの発売によって、「8"未満」の比率も増加。また、10.5"のiPad Airが含まれる「10"台」も18年10月以来、構成比が3割台に戻っていることも明らかとなった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年5月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュース

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。