【今週のキャッシュレスニュースまとめ】絶好調のLINE Pay300億円祭、セブン-イレブンのスマホ決済対応も話題に

Android限定)」が対象となる。上限は最大5000円分、LINE Payアプリを一度でも利用した場合が1万円分。
●「PayPay」、6月キャンペーンを前にドラッグストアで対応拡大
 6月にPayPayがスタートする新キャンペーン「いつもどこかでワクワクペイペイ」。第一弾では、全国のドラッグストアでPayPayを利用すると最大20%のPayPayボーナスが戻ってくる。実施を前に、PayPayは対応するドラッグストアを拡大。5月20日にスギ薬局(PayPay以外にも「d払い」「au PAY」「LINE Pay」「楽天ペイ」に対応)、6月1日にココカラファイングループが導入する。
●セブン-イレブンが7月から各社のコード決済に対応
 コンビニ各社がスマホのコード決済に続々と対応するなか、長らく様子見をしていた業界最大手のセブン-イレブンが、5月21日、ついに各社サービスへの対応を発表した。導入するコード決済サービスは、「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「アリペイ(Alipay)」「WeChat Pay(微信支付)」。セブン&アイ独自のバーコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」のローンチタイミングである7月1日に合わせて対応する。
●鉄道会社グループの店舗が16種類のキャッシュレス決済に対応
 5月21日、JR西日本の連結子会社13社は、クラウド型総合決済プラットフォーム「CAFIS

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年5月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。