最新技術を駆使したコンテンツを披露! 「ひかりTVイベント」で示された映像事業の可能性

最新技術を駆使したコンテンツを披露! 「ひかりTVイベント」で示された映像事業の可能性
事業方針や映像事業の可能性を示した「ひかりTVイベント」
 NTTぷららは、「ひかりTVイベント」を都内で6月4日に開催、今後の事業方針について発表した。同イベントでは、AR/VRやAIなどの最新技術を駆使した多くのコンテンツも披露。映像事業の次の可能性が示された。

 創業以来、23期連続の増収を達成している同社にとって映像事業の担っている役割は大きい。映像配信サービス「ひかりTV」は、2008年のサービス開始から成長をけん引。売上高のドライブに寄与し、来年度には1000億円に手が届くところまで引っ張り上げた。直近では、最新技術を駆使したコンテンツ制作にも注力している。今回のイベントでも、冒頭で席上のタブレットを会場のスクリーンにかざすとAR演出が再生される技術を披露した。
 7月には、親会社がNTTコミュニケーションズからNTTドコモに変わる。板東浩二社長は、「配信コンテンツの中心がスマートフォンに移ってきた。今回の組織変更は、その流れを受けたもの。何が変わるのかとよく問われるが、本質は変わらない。これまでと同じように、新しい事業を開拓していく」とコメント。垂直型ではなく、水平分業型の統合であることを強調した。
 注力するポイントとしてあげたのは、ドコモとのシナジーを含めた顧客基盤の拡大、配信プラットフォームの進化、新技術を活用したコンテンツ制作の3点だ。「いずれにも共通しているのは、アライアンスが鍵になってくるということ。発展を加速させるためにも、パートナーとの連携を強化していく」(板東社長)。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年6月5日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「VR」のニュース

次に読みたい関連記事「VR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。