Facebookの不快な広告 非表示にする人は約4割

記事まとめ

  • ジャストシステムが17~69歳の男女1100人を対象に、「Facebook」のタイムラインに表示される広告に関するネットリサーチ調査を行った。
  • 調査によると、広告を見て不快に感じた経験があるという回答者のうち、41.2%が「広告を非表示にしたことがある」と回答している。
  • 男女別に見ると、男性が37.2%、女性が45.1%だった。

不快なFacebook広告を非表示にする女性は4割強、ジャストシステムが調査

不快なFacebook広告を非表示にする女性は4割強、ジャストシステムが調査
不快なFacebook広告を非表示にする?
 ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」でネットリサーチサービス「Fastask」を利用して17~69歳の男女1100人を対象に調査を実施した。調査によれば、「Facebook」のタイムラインに表示される広告を見て不快に感じた経験があるという回答者のうち、41.2%は「広告を非表示にしたことがある」と回答したとのことだ。

 男女別に見ると、男性が37.2%に対して女性が45.1%。Facebookのタイムラインに表示される広告に不快感を持ったという回答者のうち、「広告を報告したことがある」が16.3%、「いいねボタンで不快と意思表示をしたことがある」が10.4%、「シェアで不快と意思表示をしたことがある」が10.4%とのことだ(複数回答)。
【関連記事】
スマホで最も閲覧するのは? ジャストシステムの年代別調査
「折りたたみスマホ」の認知率は? 購入意向が高いのは若年層
「メルカリ」が10~30代で「ヤフオク!」が40~60代、CtoCで使うサービス
情報収集はテレビとスマホのどっち? 「Marketing Research Camp」調査
実店舗でのXmasプレゼント決済はキャッシュレス? ジャストシステム調査

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年6月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。