最高速度は時速30km! 大人のモバイル電動3輪車「Kintone Trike」

最高速度は時速30km! 大人のモバイル電動3輪車「Kintone Trike」
ミニカー登録によって公道走行が可能な完全電動トライク
 Earth Ship(アースシップ)は、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、公道走行可能な電動3輪モビリティ「Kintone Trike(キントーントライク)」プロジェクトの支援を募集している。支援受付期間は4月30日~7月29日で、商品の発送は9月下旬の予定。

 4月30日のプロジェクト開始からわずか1時間ほどで目標金額を達成。5月13日には目標金額の2000%である総額1000万円を達成した。これを記念して、フェンダーパネルのカラーカスタマイズのプレゼントを開始した。フェンダーパネルのカラーは、BLACK、WHITE、PINK、RED、Blue、CAMO、POPの7色。
 「Kintone Trike」は、Kintoneシリーズ初となる、公道走行に対応した1人乗りの電動トライク(3輪バイク)で、1台1台、車台番号が刻印されており、登録手数料無料のミニカー登録によって普通自動車免許があれば運転できる。最高速度は時速30km、1回の充電(5~6時間)で可能な走行距離は30~40km。充電は付属の充電器を使い、家庭用コンセントから行う。
 サイズは全長185cm、全幅98cm。ヘルメットの着用義務や車検、車庫証明は必要ないが、自賠責保険の加入は必要。保証期間は1年間。6月13日現在、正規販売価格の12%オフの送料込み21万8000円(北海道・沖縄は別途送料4万円、離島は販売対象外)で支援を受け付けている。
【関連記事】
原付扱いのモバイル電動バイク、家電量販店やコストコ幕張倉庫店で販売中
シェア電動スクーターが日本上陸! 流行中のパリで「Lime-S」を体験した
レンタルバイク「宮古カレン」で走行データ分析、ソフトバンクとHondaが連携
次世代型ショールーム「蔦屋家電+」、ここでしか見られない製品がズラリ
変わる自動車の税制 消費増税“後”のほうが普通車購入は得かも

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年6月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。