家電量販店で買うならスマホ決済と株主優待券、どちらが得?

家電量販店で買うならスマホ決済と株主優待券、どちらが得?
10%OFFの「オリガミで、家電。」キャンペーンは、株主優待よりもお得
 株主優待制度を導入している企業の株式を最低単元以上保有、権利確定日に株主名簿に記録されている株主には、クオカードや買物優待券(優待割引券)、カタログギフトといった特典が進呈される。家電量販店は、おおむね10万円以下の投資で現金代わりに使える株主優待券が1枚以上もらえるため、投資初心者おすすめの優待銘柄として紹介されることが多い。
 一方、昨年末以来、ヨドバシカメラを除く主要家電量販店は、QRコード・バーコードを活用したスマートフォンスマホ)決済サービスを導入。キャンペーン期間中の高還元は、もはや「株主優待」を超えると感じたため、数字で検証した。なお、比較対象となるスマホ決済サービスは、2019年6月12日から25日までの2週間、主要家電量販店4社で「『オリガミで、家電。』キャンペーン」を開催するOrigami Payをピックアップした。
●家電量販店の株主優待券をゲットするには5~12万円の資金が必要
 Origami Payで支払うと、事前に登録したクレジットカード決済で2%、連携した銀行口座からリアルタイムに引き落とす銀行口座決済で、その場で3%オフとなる。クレジットカード決済の場合、登録したクレジットカード側のポイントも貯まるため、ポイントの二重取りが可能。事前チャージが不要で、1回あたりの決済上限は、銀行口座決済だと税込10万円、クレジットカード決済の場合は税込100万円となるため、高額な

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年6月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。