携帯電話の通信と端末分離、2年縛りの違約金は1000円に

携帯電話の通信と端末分離、2年縛りの違約金は1000円に
総務省の研究会で携帯契約の違約金は1000円にまとまった
 総務省が6月18日に開催した「モバイル市場の競争環境に関する研究会」で、スマートフォンスマホ)など携帯端末の契約による期間拘束、いわゆる「2年縛り」などの途中解約で消費者が支払う違約金の上限を1000円(税抜)にする方向でまとまった。他のキャリアやMVNOなどに乗り換える際の消費者による負担を下げることで、適正な競争環境を促すのが狙い。

 総務省の見解では、現状の大手3キャリアの9500円という違約金の水準が、消費者が通信契約を解除しようとする際の不当な妨げとなっており、キャリア間の適正な競争を阻害する恐れがあるとしている。
 1000円の根拠は、総務省が実施したユーザーアンケート(6000人)で、他の事業者に乗り換える意向がある人(2847人)のうち、違約金を支払う意思のある人(1758人)の8割以上が回答した、「許容できるレベルは1000円」という結果を踏まえたという。
 さらに、通信と端末の完全分離後に通信料金を引き下げるには、違約金の水準を最低限の1000円に設定する必要があったとする。
 また、契約の自動更新についても次の四つのいずれかを満たさない場合は禁止となる。(1)契約を結んだときに、契約満了時に期間拘束を伴う契約で更新するかどうかを利用者が選択できること、(2)(1)の選択によらず料金やその他の提供条件が同じであること、(3)契約満了時に、期間拘束を伴う契約で更新するかどうかを利用者が改めて選択できること、(4)違約金なく契約を解除できる更新期間が、少なくとも契約期間の最終月とその翌月、翌々月の3カ月間を設けられていること。
【関連記事】
総務省、携帯料金の適正化に向け緊急提言、囲い込みの禁止や分離プラン導入へ
分離プラン義務化で競争促す 改正電気通信事業法が参院で成立
「携帯端末・通信」料金の完全分離が決定、家電量販はiPhoneの落ち込み警戒
楽天が1946億円の投資総額と最安、総務省の5G周波数割り当て
ドコモの中古スマホ「SIMロック解除」が可能に、オンラインなら事務手数料が無料

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年6月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら