キヤノン カラビナ型の新デジカメ「IVY REC」を発売へ

記事まとめ

  • Indiegogoが、キヤノンのカラビナ型・新カテゴリーデジカメ「IVY REC」への出資の募集を間もなく開始する。
  • 液晶画面はなく、カラビナ型のクリップで持ち運びが簡単で、防水性と耐衝撃性を備えている。
  • 日本での発売や価格は未定だが、一部では100ドル前後で年内にも発売の見込みと報じられている。

キヤノン、型破りの新デジカメ「IVY REC」を発売へ

キヤノン、型破りの新デジカメ「IVY REC」を発売へ
 米クラウドファンディングサイトのIndiegogoは、キヤノンのカラビナ型・新カテゴリーデジカメ「IVY REC」への出資の募集を間もなく開始する。液晶画面はなく、カラビナ型のクリップで服やカバンにひっかけて持ち歩くこともできるのが特徴。撮影時には、カラビナ型の枠が撮影範囲を決めるファインダーの役割を果たす。防水性と耐衝撃性を備え、スマートフォンスマホ)よりもラフな感覚で気軽に撮影できる。

 1300万画素のCMOS画像センサーを備え、静止画のほか最大で1080p/60fpsのフルHD動画撮影にも対応。キヤノン ミニカムアプリでスマホと無線で連動させることによってライブビューが可能になるほか、写真や動画も簡単に共有できる。Indiegogo経由の初期の出資では、最大30%割引で製品を手に入れることができる。今春横浜で開催されたカメラ・映像機器の見本市「CP+」で参考出品していた「ソトアソビカメラ」を製品化したもので、日本での発売や価格は未定だが、一部では100ドル前後で年内にも発売の見込みと報じられている。(BCN・道越一郎)

【関連記事】
キヤノン、新感覚のアクションカメラを開発中 コンセプトは「もっと自由に!」
キヤノンが子ども向けカメラのコンセプトを公開 魅力に気づく最初の1台に
技術者が語る「でかいレンズ」の「ワケ」──CP+2019 パネルディスカッション(前編)
何を写すか、カメラは知っている──CP+2019 パネルディスカッション(後編)
スマホを超える「イイ写真」を目指せ--カメラの祭典CP+2019開幕

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年6月27日のIT記事
「キヤノン、型破りの新デジカメ「IVY REC」を発売へ」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    スマホでいいな。

    6
  • 匿名さん 通報

    「スマホと連動」?最初っからスマホで撮影すればいいじゃん?

    3
  • 匿名さん 通報

    「世界のブランド」でよろしいでしょうか?あと、報ステ前の番組スポンサー降りたんですか?

    1
  • 匿名さん 通報

    離隔可能距離と複数同時接続可能かが気になる。 軽易な監視カメラとかにもできそうですね。 この手のガジェットは使用者のアイデア次第で色々幅が広がるから楽しいですね。

    1
  • 匿名さん 通報

    キヤノンヲタは気持ち悪いな。一回消されてもまた書き込んでるw

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。