シャープが水なし自動調理鍋を発表 新機能に「好みの設定加熱」「煮詰め」搭載

記事まとめ

  • シャープは、水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」3機種を発売する。
  • 火加減やまぜかたを選べる「好みの設定加熱」とふたをあけたまま加熱できる「煮詰め」機能を新たに搭載した。
  • 2.4Lタイプが7万円前後で8月22日、1.6Lタイプが6万円前後で7月18日、1.6Lタイプが5万円前後で7月18日に発売される。

シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」、「好みの設定加熱」「煮詰め」新搭載

シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」、「好みの設定加熱」「煮詰め」新搭載
水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」3機種
 シャープは、水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」3機種を発売する。税別の実勢価格と発売日は、ファミリー世帯向け2.4L(2~6人用)タイプの「KN-HW24E」が7万円前後で8月22日、1.6Lタイプの「KN-HW16E」が6万円前後で7月18日、1.6Lタイプの「KN-HT16E」が5万円前後で7月18日。

 火加減やまぜかたを選べる「好みの設定加熱」とふたをあけたまま加熱できる「煮詰め」機能を新たに搭載。KN-HW24EとHW16Eは、AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」によって調理の材料や手順をアシストするほか、本体画面のQRコードで料理キット「ヘルシオデリ」を発注できる。カラーは、KN-HW24EとKN-HW16Eがレッドとホワイト、KN-HT16Eがレッドを用意した。
【関連記事】
シャープ、AIoT製品の全国キャラバン、移動展示スペースで
日常の食事が手軽に届く、「ヘルシオデリ」に新コース
シャープ、AIoT対応プラズマクラスター冷蔵庫、ヘルシオ調理家電と連携
シャープのAIoT冷蔵庫、業界で初めてヘルシオ/ホットクックと連携
シャープのAIoT戦略、家電量販店を「中抜き」する理由とは

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年7月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。