インターネットメディア協会(JIMA)、信頼の獲得と社会貢献を目指す「倫理綱領」を決定

インターネットメディア協会(JIMA)、信頼の獲得と社会貢献を目指す「倫理綱領」を決定
JIMAの瀬尾傑 代表理事
 インターネットメディアの健全な発展に寄与するため、ネットで情報を発信するメディアや関連事業者などによって2019年4月に設立したインターネットメディア協会(JIMA)は7月18日、定例会を東京・渋谷区のスマートニュースの会議室で開催した。協会発足時の正会員数27媒体・媒体社は、7月16日時点で41媒体・媒体社まで増えており、あらためて加盟する際のよりどころとなる倫理綱領を決めた。

 スマートニュースメディア研究所の所長であるJIMAの瀬尾傑代表理事は「倫理綱領をつくった目的は、ネットに関連する事業者が加盟するにあたって、われわれの団体の目指すべき方向性をきちんと社会に示す必要があった。また、社会からネットの(情報の)信頼性に対する問い合わせが増える中、われわれの立場を明文化する必要があった」と語った。
 倫理綱領は、ユーザー視点と社会貢献、信頼の確保、発信者の明示、表現・言論の自由、基本的人権の尊重の五つから構成されている。ユーザーの視点に立った信頼を通して、社会に貢献するインターネットメディアの発展を目指すという大きなテーマを実現するため、それぞれのメディアの創造性の原点となる表現・言論の自由を守りながら、発信者としての責任の所在を明らかにする姿勢などが示された。
 JIMAに加盟するメディアは、報道メディアだけではなく、各メディアのニュースをユーザーに配信するキュレーションサイト事業者など、幅広い領域のネット関連事業者が加盟している。そのため、各メディアの姿勢や判断に配慮しながらも、ネットメディアが社会に貢献していくために実効性のある内容を倫理綱領に盛り込んだ。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年7月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。