マイクロソフト檜山常務に聞く、「Windows 7サポート終了の反動減は織り込み済み」(中)

マイクロソフト檜山常務に聞く、「Windows 7サポート終了の反動減は織り込み済み」(中)
日本マイクロソフト コンシューマ&デバイス事業本部の檜山太郎執行役員常務
 2014年のWindows XPのサポート終了から6年、2020年1月14日にWindows 7の延長サポート終了(EOS)が実施される。XPで大きな課題になった大きな需要の反動減にどのように対応するのか。日本マイクロソフトでコンシューマPCビジネスを統括するコンシューマ&デバイス事業本部の檜山太郎執行役員常務に現状を聞いた。

取材/細田 立圭志 大蔵大輔、文/細田 立圭志、写真/松嶋優子
 

●いかに買い替えサイクルを短くできるか
 来年の新生活の商戦期で扱うノートPCの春モデルは、それ以前の年末商戦やEOSで扱うモデルと違うので、EOS直後の2月、3月は独立した商戦となり、4月以降も上がってくることが期待できます。しかし、5月以降はWindows XPの例を踏まえると、かなり大きなインパクトが生じるのではないかと考えています。
 ですが、それはXPの経験も踏まえて事前に分かっていたことです。大切なことは、内閣府の消費動向調査で約7年まで伸びたPCの買い替えサイクルを、1年や2年でも短くすることではないでしょうか。それができれば、かなりの需要が掘り起こせるので、その対策を実は昨年末から行ってきました。
 昨年の年末商戦では、インテルと当社の協業でキャンペーンを打ちました。「いい家族に、いい一台」というキャッチフレーズで、「NEW BUDDY」キャンペーンを実施したのです。当時は、PC市場の前年割れがずっと続いていたので、インテルの鈴木国正社長と話をして業界を挙げて盛り上げていこうと。その成果として、売り上げが少しづつ上がってくるなどの効果が出始めました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年8月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。