“元祖”Dシェイプロボット掃除機のネイトロボティクス、日本法人トップが語る強みとは?

“元祖”Dシェイプロボット掃除機のネイトロボティクス、日本法人トップが語る強みとは?
北米シェア2位のロボット掃除機メーカーネイトロボティクスで日本法人の代表取締役を兼任するマット・ペーターソン チーフエグゼクティブオフィサー
 北米シェア2位のロボット掃除機メーカー、ネイトロボティクスが、約2年ぶりに日本市場で動き出そうとしている。米本社のマット・ピーターセン チーフエグゼクティブオフィサーは、「日本のロボット掃除機市場は北米に次ぐ大きさ。先進的な製品に対する関心も高く、重要視している」と、日本市場に期待する。どのような強みで戦っていくのか。日本法人の代表取締役を兼任するピーターセン氏にネイトロボティクスの強みを聞いた。

 「当社には、技術革新や品質を追求する姿勢、進化させていく向上心が根付いている」と、同社の根底にある考え方を語るピーターセン氏。こうした精神は、隅々まで掃除することができるDの形をした本体デザイン(Dシェイプ)や、障害物を避けながら効率的に掃除するためのレーザースマートナビゲーションなど、新技術を積極的に開発・採用してきた実績にあらわれている。
 常に新しいものを求める姿勢は、製品の機能にもあらわれている。同社のロボット掃除機はネットにつながる強みを生かし、本体のシステムをアップデートすることができる。アップデートの基になるデータは、製品が掃除する過程で蓄積した経験。課題を集約して解決することで、掃除をすればするほど賢く掃除するようになる。
 ピーターセン氏は、「最新の機能を積極的に取り入れ、更新を続けていることから、決して価格は安くない。それでも、北米2位のシェアが示す通り、価格に見合った性能であることは間違いない」と、自社の製品に自信を持つ。背景には、同社がいち早く導入した機能を他社も後から導入している実態がある。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年9月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら