発売前のカメラがグランプリ受賞? 消費者不在の「賞」に意味はあるのか

発売前のカメラがグランプリ受賞? 消費者不在の「賞」に意味はあるのか
 ニコンは10月31日、「ミラーレスカメラ『ニコン Z 50』が、『デジタルカメラグランプリ2020』において、最高位となる総合金賞<ミラーレス>を受賞しました。」と発表した。しかし、このZ 50は、発売前の製品。ニコンでは「2019年11月下旬発売予定」としているのみで、まだ具体的な発売日すら決まっていない。ユーザーが店頭で実機を触る機会を待たずに、「総合金賞」を受賞した、という知らせに大いに疑問を感じた。あたかも人気のある商品のように発売前から喧伝するのは、消費者を惑わすことにならないのか。

 「デジタルカメラグランプリ」は、主に音楽やAV情報を扱う出版社、音元出版が主催するもの。選考対象は「発表済みの製品」で、発売前でも問題ないとしている。
 担当者によれば、「ご批判もあるかもしれないが、今年で12年目。一定のご評価はいただいている。過去にも、発売前の製品が金賞を受賞したこともある。グランプリは店頭を重視しており、量販店がこれから売りたいモデルをおすすめするもの。これを買っとけば失敗はない、という視点の賞だと受け止めて欲しい」と話す。
 一方、ニコンイメージングでは「受賞は光栄だが、主催者の規程で発表済みの製品が対象になると聞いている。規程の是非については、ニコンとしてコメントはしようがない」としている。
 受賞製品の選出は、写真家やライター、編集者、カメラ量販店の社員からなる10人の有識者で構成する審査委員が行っている。音元出版は、今回のZ 50について「選考委員にはメーカーから貸与を受けた実機を使ってもらい、評価をしていただいている」として、実機評価の結果と説明。ただし、「実際に写真を撮影した上で評価していただいているかどうかは、審査委員にお任せしているので分からない」としている。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年11月3日のIT記事
「発売前のカメラがグランプリ受賞? 消費者不在の「賞」に意味はあるのか」の みんなの反応 15
  • 匿名さん 通報

    こんなのが通用するんなら、100年後に生まれるかどうか分からない人物が、書くかどうか分からない小説にノーベル文学賞をやったっていい訳だ。

    5
  • 匿名さん 通報

    選考委員が実際に写真を撮ったかどうかもわからない。プププ つまり選考委員(実在するのか?)の意見・感想を「聞いてない」わけだな。

    4
  • 匿名さん 通報

    「市場の洗礼を受ける前に」洗礼の意味がわかってないようだな。賞を出した馬鹿、記事を書いた馬鹿。

    3
  • 匿名さん 通報

    審査委員を引き受けたとして、タダで仕事などするわけないわな。

    3
  • 匿名さん 通報

    「あなたはまだ家を出ていませんが、これからもしかしたら銀行に行くかもしれないし強盗をするかもしれないので死刑です」

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。