世界初の「インク」で温めるヒーター、薄さ1ミリでペラペラだから持ち運べる

世界初の「インク」で温めるヒーター、薄さ1ミリでペラペラだから持ち運べる
銀ナノインクを電気で温める世界初の技術を採用
 寒さが日に日に厳しくなってきた。薄さわずか1ミリ、重さ88gで丸めて持ち運べるため、受験勉強やオフィス、アウトドアなど、どこでも簡単に暖が取れるシート型USBスマートヒーター「INKO Heating Mat Heal」が10月25日、ロア・インターナショナルから発売された。税別の価格は4500円。手軽に暖が取れることから話題になりそうだ。

 銀ナノインクというインクを電気で温める世界初の技術を搭載したことで、ペラペラの薄さと柔らかさを実現。電熱線のように表面が凸凹にならないので、そのまま椅子の上に敷いて座れば短時間で40℃以上に温まる。モバイルバッテリーのUSBポートから給電できるので、アウトドアや体育館などでのスポーツ観戦でも活躍するだろう。
 インクなので電磁波の心配もなく安心。約8時間が経過すると自動で電源がオフになる「スリープモード」機能や、大幅な過熱が進んだ場合はヒューズが切れる「スマートセルフヒューズシステム」機能を搭載するなど、低温やけどや火災を防ぐシステムを考慮している。
 リモコンのボタンを押すと5段階の温度調節が可能だ。カラーはグレー、ブルー、ローズウッド、ソフトピンクの4色から選べる。
 オフィスで働く冷え性に悩む女性をサポートする商品としても、この冬、注目を集めそうだ。サイズは直径270ミリ。ケーブルの長さは180センチ。電力は7.5W。
【関連記事】
冷え性などに「着るお一人様用こたつ2」はいかが? 歩けてソファで使える
ビームス限定モデル、今年は橙色の「アラジン ブルーフレーム」
コロナからオイルを使わないヒーター「NOIL HEAT」、速暖性に強み
風と音が気にならない寝室用パネルエアコン、フジタと長府製作所が共同開発
冬の寒さ「仕方ない」「光熱費が上がる」6割以上、断熱改修は価格がネック

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年11月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。