ヤフーとLINE、経営統合に至った共通の危機感とは?

ヤフーとLINE、経営統合に至った共通の危機感とは?
経営統合に向け握手を交わすZHDの川邊健太郎代表取締役社長 CEO(左)とLINEの出澤剛代表取締役社長 CEO(右)
 ヤフーの親会社Zホールディングス(ZHD)とLINEは11月18日、両社の経営統合に関する記者会見を開催し、経緯と今後の方針を発表した。

 今回の経営統合では、ZHDとLINEが経営統合を行い、その傘下にヤフーとLINEの事業会社が100%子会社として入ることになる。両社は対等な立場で事業を進めていくという。
 LINEの出澤剛社長CEOは、「これまで両社は切磋琢磨する関係だったが、今日11月18日、手を取り合って、さらに高見を目指すという決断をした」と述べ、ZHDの川邊健太郎社長CEOは、話題になったラグビーW杯になぞらえて「最強の“One Team”を目指していく」と両社の関係を表現し、両者は握手を交わした。
 会見では、経営統合に至ったエピソードを紹介。ここ数年、毎年一回ほど川邊社長から出澤社長に対し、「何か大きなことを一緒にやろう」とラブコールがあった。これまで、具体的な話には至らなかったが、今年に入ってから出澤社長は「思うところがあった」とし、経営統合に向けて始動。その「思うところ」が、「共通する二つの強い危機感と成し遂げたい大きな志」だ。
●経営統合に至った経緯
 危機感の一つは、“グローバルテックジャイアント”の存在だ。現在は、強大な企業に人材やデータ、金が集約されてしまうビジネス構造になっている。現状、ZHDとLINEが経営統合を果たしたとしても、単純計算で時価総額3兆円、営業利益1600億円、研究開発費200億円、従業員数1.9万人と、海外の大企業に比べて、桁が一つ、二つ足りない状況だ。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年11月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。