【対談連載】クオンタムリープ 代表取締役ファウンダー&CEO 出井伸之

【対談連載】クオンタムリープ 代表取締役ファウンダー&CEO 出井伸之
2019.12.19/東京都港区のクオンタムリープにて
 学究肌でスマートな経営者というイメージの強い出井さんだが、ソニーを離れて15年経つ現在も、かつて世話になった社員たちとの交流を続けているそうだ。おそらく、机上での企画立案よりも、現場で働くスタッフの心をつかみ、先頭に立って道を切り拓いていくことに喜びを見いだしていたのであろう。企業経営に必要なのは、卓抜した理論や戦略だけでなく、そうした人的つながりを大切にするモノづくりのマインドであることに改めて気づかされる。(本紙主幹・奥田喜久男)

●企業経営には社内エコノミストが必要だ
 出井さんはエコノミストになるつもりでソニーに入社したとおっしゃいましたが、会社のエコノミストというものは、どうイメージしたらいいのですか。
 会社のために、マクロ(巨視)とミクロ(微視)の視点を持つことが重要で、社会的な事象や経済について長期的な分析をして、経営戦略の原案をつくっていく仕事です。私がソニーに入社した昭和30年代には、そういう職業はありませんでした。けれども僕は、それを自ら目指しました。そのスタンスは、基本的に今も変わりません。
 なるほど、そうした視点を持ったうえで出井さんは経営者になられたわけですが、経営者の目線というのは、経営者になったその日から変わるものなのですか。
 経営者になる前に、事業部長を10年やっています。事業部長というのは、その部門の経営者ですよね。ですから、その経験をもとに、会社全体の経営者になったということができるでしょう。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。