スマホ決済がビジネスに好循環、ヴィレヴァンがメルペイを選んだ理由

スマホ決済がビジネスに好循環、ヴィレヴァンがメルペイを選んだ理由
 唯一無二の店舗づくりで根強いファンが多い「ヴィレッジヴァンガード(ヴィレヴァン)」が、2月28日にスマートフォンスマホ)決済サービス「メルペイ」を全店で導入した。今後は、一部店舗で「メルカリ教室」を定期的に開催。共通点がみえづらい両社が、なぜがっつり手を組むことにしたのか。それぞれの担当者から話を聞いた。

●メルペイならではの独自性 加盟店にもメリット
 両社の意図を説明する前に、まずは直近のメルペイの加盟店開拓戦略を確認しておきたい。数々のスマホ決済サービスが乱立する中、メルペイが独自性として打ち出しているのが、フリマアプリ「メルカリ」との親和性だ。
 メルカリは、日本で馴染みの薄かった消費者間取引を根付かせた。その影響は、周辺産業にまで及んでおり、郵便局やクリーニング店、修理店などが潤い、2018年7月時点の調査で最大752億円の経済効果を生んでいるというデータももある。
 これを受けて、コインランドリー「TOSEI」や修理店「ミスターミニット」などの店舗がメルペイの導入を決定。TOSEIは、一部店舗でメルカリ出品者のための撮影ブースを用意するなど、単なる決済手段としてだけでなく相互に好循環を促す仕掛けとして活用している。
 リペア業界ではなく小売業界からみたとき、メルペイのメリットになるのは、チャージしたお金とメルカリで売り上げたお金を同じように利用できるということだ。買って、売って、買って、というサイクルがアプリ内で完結する。「不要になったら売ればいいや」という心理が働き、購入のハードルが下がるので加盟店にも利点になる。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。