プロスポーツ観客動員に動き、感染発生エリアで生観戦の意向は5割に届かず

プロスポーツ観客動員に動き、感染発生エリアで生観戦の意向は5割に届かず
新型コロナ感染発生エリアではプロスポーツ生観戦の意向は半数未満に
 ネオマーケティングは、アンケートサイト「アイリサーチ」登録モニターである全国の男女1000人を対象に「コロナ禍のプロスポーツ観戦実態」をテーマとした調査を実施した。調査は、7月6日~7日の期間に行われている。

 調査対象者のうち、新型コロナウイルス感染症の流行以前にスポーツをテレビなどで映像観戦していた人に観戦方法を尋ねたところ、「テレビ(CS放送などの有料放送)」(31.2%)が最も多く、「動画配信サービス」(22.0%)が続いた。
 新型コロナウイルス感染症の影響によって、国内のプロスポーツ試合が中断・延期されていた間に何をしていたかを尋ねた質問では、「映画鑑賞」(45.5%)が最多で、「音楽鑑賞」(36.8%)、「読書」(35.4%)の順となっている。
 観戦方法別では、現地観戦層の「スポーツ観戦(過去の試合など)」という回答の割合が高い。
 7月以降、国内のプロスポーツで観客動員が認められる方向にあることを受けて、どのような方法でスポーツを観戦したいかを7~12月の期間で尋ねたところ、「現地会場での生観戦」と答えた人の割合は11月をピークに高くなる傾向にある。
 一方で、「現地会場での生観戦」を希望する人が最も多い11月でも、感染多発エリアの現地観戦層が48.0%、感染散発エリアの現地観戦層が47.2%と、どちらも5割を下回った。
 7~12月のいずれかで「現地会場での生観戦」を希望した人に不安に感じることを尋ねた質問では、「観客席での感染」(61.3%)が最も多く、「声援による飛沫感染」(50.4%)がそれに続く。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マーケティング」に関する記事

「マーケティング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マーケティング」の記事

次に読みたい「マーケティング」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。