スマホの大画面化に歯止め 小型・軽量・高性能の「ミニ」にニーズあり?

スマホの大画面化に歯止め 小型・軽量・高性能の「ミニ」にニーズあり?
大画面の最新5G対応Androidスマホ
       
 スマートフォンスマホ)は、Androidメーカーの主導で大画面化が進んできた。「Phone」と「Tablet」をかけあわせた造語「Phablet(ファブレット)」は定着しなかったが、画面サイズ6インチ超えでもそのままスマホとして扱われ、家電量販店のPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、今や平均画面サイズは5インチ台後半だ。

 1月~3月、4月~6月、7月~9月、10月~12月の四半期(Q)ごとの集計で、2008年2Q以降のスマホ全体の平均画面サイズの推移をみると、12年9月の「iPhone 5」の発売を機に3インチ台から4インチ台に入り、17年4Qには5インチ台に突入した。
 平均画面サイズ拡大の要因は、17年11月発売の「iPhone X」だ。iPhone Xは増えつつあったAndroidのフルビューディスプレイデザインに近く、当時はノッチに関する賛否両論が起きたが、iPhone XRを経て19年発売の「iPhone 11」でナンバリングが復活すると、すっかり受け入れられるようになった。周回遅れで「iPhoneのAndroid化」が受け入れられた結果だと指摘したい。
●5.4インチのiPhone 12 miniが今年登場した理由
 価格高騰の影響もあり、スマホの平均画面サイズは、19年2Qの5.76インチをピークにサイズダウンに転じた。直近の20年第3四半期の平均画面サイズは5.59インチ。平均画面サイズを押し下げる約3.6インチの超小型eSIM対応スマホ「Rakuten mini」が実質1円で一時的に売れた点を差し引いても、一時は6インチを超えそうな勢いだった大画面化に歯止めがかかったといえるだろう。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月23日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。