車用の技術でスマホ“コーティング”、「KeePer LABO」で実体験!

車用の技術でスマホ“コーティング”、「KeePer LABO」で実体験!
拡大する(全1枚)
スマホのコーティングを手掛けるKeePer
 【なぐもんGO・71】 「スマートフォンの画面に傷が入らないように」と、新品を購入するたびに保護シートを貼っている。筆者は不器用なのでズレたり、気泡やほこりが入ったりするなど悩みもあるが、我慢我慢……。とはいえ、やはり違和感は残ってしまう。そこで目を付けたのが“コーティング”。近頃は各所で「体験しませんか?」と声を掛けられるので、思い切って試してみることにした。一体、どのようなサービスなのか。

 体験で訪れたのは、年間300万台の車をピカピカにコーティングする「KeePer LABO」の板橋店。「スマホのコーティングの話では?」と疑問に思うかもしれないが、目的地はここで間違いない。というのも、同社は車に使っている技術をスマホのコーティングに応用し、独自の「スマホキーパー」というサービスを展開しているからだ。
●スマホコーティング体験
 初体験ということもあり、私用の少し古い端末のiPhone 6sで施工をお願いしてみた。コーティング用の道具はパッケージにまとめられており、スマホ1台ごとに変えられる。開くと様々な機材が出てくるが、まずはスマホの“穴”をふさぐ作業から。スタッフがゴム手袋を装着し、ライトニングケーブル端子やスピーカー、マイクの部分にピッタリサイズのシールを貼り付けていく。
 穴をふさぎ終えたら、次はアルコール綿でスマホの除菌・清掃。拭き始めると、どんどんときれいになっていく。普段からマイクロファイバーで小まめに拭くようにしていたが、案外汚れていたようで少しショックだった。きれいになると、前面も背面も細かな傷が目立つ。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月29日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。