新サービス「残高利息」 出金可能なKyash残高に対して年1%の利息を付与

新サービス「残高利息」 出金可能なKyash残高に対して年1%の利息を付与
Kyash Cardの本人認証サービス(3Dセキュア)の設定方法
       
 ウォレットアプリ「Kyash(キャッシュ)」を提供するKyashは、銀行の預金利息のように年1%の「Kyashバリュー」を付与する「残高利息」サービスを開始する。12月8日に提供開始予定のアプリバージョン8.0.0から提供する。

 11月17日からKyash Cardに限り、Visaの技術を生かした「本人認証サービス(3Dセキュア)」に対応。さらに、新サービス「残高利息」を追加し、決済・送金・資産形成を一つのアプリで可能にする。
 本人確認済アカウントが前月に1回以上Kyash Cardを利用すると、銀行口座、セブン銀行ATM、ペイジーなどから入金したKyash残高(出金可能なKyash残高)に対し、年利1%の「残高利息」を毎月1日に付与する仕組み。付与分は、Kyash残高として支払いに利用できるが、出金・送金ができない。「残高利息」の計算は毎日実行され、12月9日以降、現在の残高利息をアプリで確認できる
 順次機能を追加し、国内外のVisa加盟店で使えるキャッシュレス決済サービスとしての利便性・安全性は向上した。ただ、還元率は当初の2%から最大1%にダウンし、実質的に年会費に相当する発行手数料が請求され、12月11日のシステムアップデートが完了後から、ポイント還元もクレジットカードからチャージした分は月500ポイントまでに制限がかかった。
 今回の仕様変更で、クレジットカードからの事前チャージ、リンクするクレジットカードの即時決済よりも銀行口座からの事前チャージを優遇する方向に舵を切った。Kyashに入金(チャージ)可能な銀行は、新たに連携開始したジャパンネット銀行、大手都市銀行の三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行を含め計10行となる。
【関連記事】
QUICPayがスマホで使えるコンタクトレス決済対応「Kyash」に注目!
期待の高かった「スマホ送金サービス」に黄信号 不正預金引き出し被害多発で
Kyash Cardが3Dセキュアに対応 「d払い」と組み合わせてポイント3重取り可
マイナポイントは絶対お得! 定期預金500万円の利息相当の価値
Android復権の鍵? スマホ決済の本命(かもしれない)QUICPay

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。