4Kドローンの決定版! 2021年の空撮デビューは「DJI Mini 2」で決まり!

4Kドローンの決定版! 2021年の空撮デビューは「DJI Mini 2」で決まり!
見た目は第一世代と変わっていないが、性能は大幅に向上。第二世代からは“Mavic”という名前がなくなり「DJI Mini 2」となった
       
【木村ヒデノリのTech Magic #039】 規制が年々厳しくなっているものの、気になっている人が多いであろうガジェットが“ドローン”だ。最近の機種は安価でも機能性がかなり向上しているが、今回紹介する「DJI Mini 2」はそのなかでも突出している。200gを下回ることで話題になった前モデルのMavic Mini(マヴィックミニ)から価格は3割ほど高くなったものの、カメラは4Kに対応し、伝送方法も上位モデルと同じになるなど大幅にスペックアップした。
 最大の特徴は4Kの撮影が可能になった点で、静止画もRAWに対応するなど、ビデオグラファーやVlogger、YouTuberに注目されている。さらに長く培われたDJIの技術によって操縦が簡素化されている。入門機としてもおすすめである本機の特徴を紹介していこう。
●なんといってもまず飛ばすのが簡単という優位性
 ドローンと聞いて初心者がまず尻込みするのが「操縦できるのか不安」ということだろう。練習が先か、購入が先かと悩んだ末、結局購入を断念していたのは筆者も同じだ。そんな私が今回初めてDJI Mini 2を飛ばしてみた最初に持ったのが「思った以上に簡単!」という感想だった。
 まず離陸だが、画面上の離陸ボタンを長押しすることで地上から80cmほどのところでホバリング状態になる。Lのジョイスティックで上昇、下降、曲がりたい場合は左右操作で機体が回転する。Rのジョイスティックは前進、後退の操作ができるので、基本的にこれだけ覚えておけば、飛ばす分には問題ないだろう。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ドローン」に関する記事

「ドローン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドローン」の記事

次に読みたい「ドローン」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。