今再び「ガンプラ」がアツい、進化したガンプラと最新工具を一挙紹介!

【木村ヒデノリのTech Magic #082】 80年代生まれの男子にとってガンプラは外せない存在だ。当時はSDガンダムからBB戦士など、プラモデル全盛期だった。筆者の同級生には保存用と組み立て用の毎回2個を購入するような猛者もいたくらいだが、安価に買えるプラモデルが男子の間で流行していたのは事実だ。そんなガンプラが今再びブームになっている。当時と違うのはプラモデルそのもののクオリティと工具の進化で、作り方の情報量が圧倒的に多いのもユーザーの興味を掻き立てている。今でもプラモ製作を続けている方には当たり前かもしれないが、最近まで業界を離れていた筆者が驚いた進化の数々を紹介したい。

●まずは情報量が違う! 昔作っていた人は始めたら楽しいタイミング
 ガンプラが流行っていた当時は情報も少なく、子供だったらコロコロコミックやコミックボンボン、大人でも専門雑誌を見るくらいしか他人がどう組み立てているかを知る手立てがなかった。それが現在ではYouTubeをはじめ、さまざまな媒体で情報を得ることができる。すごいのはプロモデラーが自分の技術を動画で無料配信していること。実際にどんな風に組み立てているのかが見られるというのは、雑誌100冊読んでも身につけられない情報が含まれているので必見だ。
 プロモデラーが作っている一挙一動を見られるというのはとても新鮮だ。これまでどうすれば良いのかわからなかった塗装や墨入れの技術を解説付きで見ることができる。エアブラシの使い方だけとっても、どのくらいの濃度に薄めるかを空気の「ゴポゴポ」という音で判断する、といったように動画からしかわからない情報がたくさんある。こうした情報が無料で得られるだけで、自分の作品クオリティが飛躍的に上がる。昔好きだったという読者は再び趣味として始めると資金力も相まって当時の10倍は楽しめるかもしれない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク