「新幹線オフィス車両」でコーヒーとシェアオフィスのサブスクを開始

 favyは、JR東日本、JR東日本クロスステーションと協同で「新幹線オフィス車両」を利用する人を対象に、12月1日~2022年3月31日まで、コーヒーとシェアオフィスのサブスクリプションサービスを開始する。サブスクサービスの販売は2月28日まで。

 JR東日本グループは、11月22日から座席でウェブ会議や通話が可能な「新幹線オフィス車両」を、東北・北海道・上越・北陸各新幹線(こまち号・つばさ号・つるぎ号を除く)の8号車で運用開始した。
 今回、新幹線での移動前後の時間帯をより効率的に使ってもらうよう、シェアオフィス「STATION BOOTH」や「ベックスコーヒーショップ」コーヒーのサブスクリプションサービスを、新幹線オフィス車両の利用者を対象に期間限定で販売する。サービスは、新幹線オフィス車両(8号車)に搭載されているリーフレットからのみ購入できる。
 「新幹線 オフィスベックスコーヒープラン」は、対象のベックスコーヒーショップで会員証を提示すると、来店ごとにブレンドコーヒーS/M1杯・HOT/ICE(通常300円)を無料で提供する。また、Lサイズを1杯50円で提供する。1日3回まで利用できる。
 対象店舗は、東京新幹線、東京新幹線南、上野中央口、大宮新幹線、小山、熊谷、宇都宮、高崎、長野の9店舗。価格は月額2500円。
 「新幹線オフィス STATION BOOTH 30分プラン」は、JR東日本が提供するエキナカ×​シェアオフィス「STATION BOOTH」で、30分利用券を月5回使うことができる。価格は月額1500円。「新幹線オフィス STATION BOOTH 60分プラン」は、「STATION BOOTH」で、60分利用券を月5回使うことができる。価格は月額3000円。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク