小田急グループの神奈川中央交通(神奈中)は、2022年2月から4月まで、毎月200枚限定で平日朝を除き神奈中グループ路線バス全区間が乗り放題になるデジタルチケット「バスもやりMaaS~神奈中がちょっと本気出してみたチケット~」を、MaaSアプリ「EMot」で販売する。料金は1カ月間1万円。
 

 平日朝の通勤時間帯(降車時刻で9時まで)を除き、チケット画面を乗務員に提示すると、神奈中路線バス全区間が追加料金なしに乗り放題となる。さらに、チケット利用月の25日までに大規模商業施設の「ビナウォーク」「本厚木ミロード」「ららぽーと湘南平塚/海老名」「イオンモール座間」や飲食店などの40の対象施設のうち4カ所を利用すると、翌月1カ月間、無料で乗り放題となるクーポンコードをメールで配信し、実質月額5000円となる。
 店舗利用特典によって地域と連携したお出かけ機会を創出し、従来よりも「バスでの移動」をより身近にライフスタイルに取り入れて欲しいとしている。なお、対象施設の利用とは、アクセス手段を問わず、「対象施設内に設置されたコードのEMotアプリでの読み取り」となる。
 1月17日以降、毎月17日10時から翌月分のチケットの販売を開始する。小田急電鉄が提供するMaaSアプリ「EMot」では、経路案内・決済などの機能提供にとどまらず、生活サービスを含めた「生き方(ライフスタイル)」を提案していく。
【関連記事】
21年実績・1都3県「本当に住みやすい街大賞2022」1位は辻堂 今年はどうなる?
小田急電鉄、子育て応援・小児IC運賃を全区間一律50円に 2022年春から
小田急「EMotパスポート」の対象店舗拡大 トロワグロのパンやロマンスカーカフェなど
本格化するJR東日本と西武HDの連携 西武鉄道ポイントサービスは22年度中に導入予定
デジタル社会の実現に向けて取り組む規制改革 「書面・押印・対面見直し」「キャッシュレス化の推進」「コンテンツの円滑な流通に向けた制度整備」など