スターバックス コーヒー ジャパンは、「ほうじ茶 & クラシックティー ラテ」を6月12日(本日)から発売している。価格は、テイクアウトが「Short」で501円、「Tall」で540円、「Grande」で584円、「Venti」で628円、店内の利用が「Short」で510円。
「Tall」で550円、「Grande」で595円、「Venti」で640円。2021年夏に発売され、多くの顧客から好評だったことから再び販売することになった。また、今回の再発売で定番商品となり、通年で楽しむことができる。

●多層的な味わい
 ほうじ茶 & クラシックティー ラテは、香ばしい香りが特徴のほうじ茶と、コク深い味わいのブラックティー(紅茶)を組み合わせたアイスティーに、フレッシュクリームとホワイトモカフレーバーシロップを合わせた多層的な味わい。ほうじ茶は、きなこのような香ばしさが際立つ茶葉と、カカオのような深みを持つ茶葉の2種をバランス良くブレンドし、ブラックティーで心地よい渋みを重ねた。オリジナルで開発したスターバックスならではのティーベースを使用する。

 加えて、まろやかなホワイトチョコレート風味のシロップと、コク深いフレッシュクリームが合わさって、甘さとすっきり感の両方を感じられるティーラテに仕上がっている。ホイップクリームやソースを追加して、自分好みのカスタマイズをみつけることも可能だ。
【関連記事】
なぜ赤字にならない?大阪・九条の激安ベーカリー『ピンポンパン』
まるでプロの淹れたて珈琲。京都『喫茶葦島』のドリップバッグ
明石公園内の「TTT」で本日から季節限定デザート、紫陽花の魅力を映す
高加水&映えパンで垂水を盛り上げる!神戸・垂水の『BREADMAN』
プリン100%のソフトクリームの上にミニプリンをトッピング!