小学校プログラミング教育の必修化、I・Oデータの体験教室で楽しく不安解消

小学校プログラミング教育の必修化、I・Oデータの体験教室で楽しく不安解消
プログラミング体験教室の参加者一同と講師のPCN松田優一氏
 アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は11月11日、新潟県中央区の新潟テルサで、「小学生プログラミング体験教室」を開催した。午前と午後の部で小学校4~6年生の約20人が参加し、一人ひとりがプログラムの元となるソースコードを書いてコンピュータゲームのプログラムを組み上げた。

 主催したI・Oデータの事業戦略本部 販売促進部 販売促進課 西田谷直弘課長は、挨拶のなかで「今日は試行錯誤しながら、プログラミングの楽しさを知ってもらいたい」と、参加者に呼びかけた。
 I・Oデータの体験教室で使うのは、「BASIC プログラミングキット UD-RP3PKI」。BASICプログラムの体験ができるプログラミング入門セットで、同社が取り扱う初心者向けのプログラミング専用PC「Raspberry Pi 3 MODEL B」「Raspberry Pi用ケース」「ACアダプタ」「USB優先キーボード」「IchigoJam BASIC RPi+(アールパイプラス)」がプリインストールされたmicroSD、全64ページのテキスト「RaspberryPiで学ぶプログラミング」が入っている。
 今回の教室で指導したのは、プログラミングクラブネットワーク(PCN)の松田優一氏で、参加者にプログラミング作業をわかりやすく解説した。
●作業環境の構築からスタート、子どもの気付きがカギ
 教室は作業環境を整えるところから始まった。基盤がむき出しになっているPCをケースに入れ、HDMIでPCとディスプレイをつなぎ、microSDを挿し込み、キーボードと接続して、電源を入ると、子どもからは「できた!」と大きな声があがった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2017年11月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。