ロボットやIoTが生活をどう変える?──変なホテルで考えた(前編)

ロボットやIoTが生活をどう変える?──変なホテルで考えた(前編)
変なホテル名物の恐竜とアンドロイドのフロント。しかし、本質は他にある
 2015年7月の1号店のオープン以来、「初めてロボットがスタッフとして働くホテル」として注目を集めている「変なホテル」。12月15日には西葛西にもオープンし、4店目にして初めて都内進出を果たした。ホテルとしてのロボット化の目的はコストダウンだが、ホテルに泊まる側から見れば、IoT化が進みロボット化が進んだ生活スタイルの絶好のサンプルだ。
 そこで、IoTやITの進展がライフスタイルに与える影響を研究してきた、マカフィーの執行役員でコンシューママーケティング本部の青木大知本部長とBCNの道越一郎チーフエグゼクティブアナリストは、長崎県佐世保市のハウステンボスにある1号店「変なホテル ハウステンボス」を訪れ、新たな生活スタイルのポイントや問題点を体験してみた。
●27種、247台のロボットが働く、ロボットの館
 一度聞いたら忘れない「変なホテル」。現在は佐世保(長崎県)、舞浜(千葉県)、蒲郡(愛知県)、西葛西(東京都江戸川区)の4か所で営業している。2018年以降、銀座、浜松町、浅草橋、赤坂、羽田、博多、大阪心斎橋などに続々とオープンする予定で、海外への進出も計画しているという。メディアによく登場するのはフロントで宿泊客を出迎える恐竜とアンドロイド。しかし、本質はさまざまな作業ロボットを駆使して高い生産性を追求する運営スタイルにある。
 「従業員数は7名。うち2人は交代で公休をとるため1日5名で運営している」。ハウステンボス 変なホテル事業開発室の大江岳世志 総支配人は話す。30名体制だった2年前の開業当初に比べ、4分の1の人員で運営できるまでになった。144室あるホテルを24時間の5名で運営できるのは、ロボットの導入による省力化があってこそ。フロント業務はその一例。カウンターに備えられた端末でチェックインやチェックアウトは宿泊客自身が行う。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2017年12月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。