ファーウェイ、わずか2年半でSIMフリースマホNo.1の理由とは<後編>

ファーウェイ、わずか2年半でSIMフリースマホNo.1の理由とは<後編>
 2014年6月にSIMフリースマートフォンスマホ)の国内市場に参入したファーウェイは、わずか2年半で全国の主要家電量販店・ネットショップの実売データを集計した「BCNランキング」の年間販売台数シェアNo.1を獲得した。デバイス事業のトップを務める呉波プレジデントに、18年の市場の予測と、第5世代移動通信(5G)時代のスマホ事業について聞いた。

取材・文/細田 立圭志、写真/瀬之口 寿一
●SIMフリースマホ市場はさらに拡大する
――3大キャリアで初となる、auで「HUAWEI nova 2」の取り扱いを開始して、SIMフリーだけではない領域に踏み込みました。
呉 キャリア向けビジネスでは「郷に入れば郷に従え」を原則に、市場のルールを守っていきたいです。市場の9割を占めるキャリア向けビジネスで競争するプレイヤーは、SIMフリー以上に多いからです。ただ、キャリア市場で成功したメーカーが、SIMフリー市場に参入すると環境に適応できないところがあるのに対し、われわれSIMフリースマホメーカーがキャリア市場に参入したときに同じ状況になるかは、今後、注目すべきところです。何があっても簡単にはあきらめません。生き残ることができれば、チャンスは訪れてくるでしょう。
――一方のSIMフリーの市場は総務省の後押しがありましたが、撤退するメーカーが出るなど不安定な部分もあります。
呉 日本のSIMフリースマホ市場は、さらに拡大するでしょう。すでに3つのチャネルを使った販売手法があります。ひとつはMVNO独自の販路を通じてSIMカードと端末を販売する手法で、もうひとつが、UQコミュニケーションズやワイモバイルなど、3大キャリアのサブブランドとして独自チャネルで販売する手法です。最後が家電量販店での販売です。14年と比べて販売チャネルは拡大していると同時に、競争が激しくなっています。競争があれば、全体のパイも大きくなります。国としても、さらにSIMフリーの施策を推進していくでしょう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年2月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「NVIDIA」のニュース

次に読みたい関連記事「NVIDIA」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ZTE」のニュース

次に読みたい関連記事「ZTE」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。