エアコン暖房は「つけっぱなし」のほうがトク? 電気代を検証

 ダイキン工業は、2016年の夏に実施した比較実験の冬バージョンとして、ほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って実際にエアコン暖房を「つけっぱなし」で運転した場合と「こまめに入り切り」して運転した場合の電気代を調べ、どのような条件なら冬のエアコン暖房の電気代が安くなるのか検証した。
●「つけっぱなし」VS「こまめに入り切り」、どちらが安い?
 24時間「つけっぱなし」にしたエアコンと、30分間隔でオン/オフを繰り返したエアコンの消費電力量を比較し、「つけっぱなし」のほうが安くなる時間帯を調べたところ、すべての時間帯で「つけっぱなし」のほうが消費電力量は小さく、電気代も安くかった。
 さらに、1日の生活スケジュールを想定して、外出時/在宅時にかかわらず24時間「つけっぱなし」にしたエアコンと、外出時に運転をオフにしたエアコンの消費電力量を比較したところ、2時間外出した夜間(18時~23時)は、「つけっぱなし」よりも「こまめに入り切り」したほうが消費電力量は小さく、電気代が安くなった。また、1日(24時間)で比較しても、「つけっぱなし」よりも「こまめに入り切り」のほうが消費電力量は小さかったものの、電気代の差は約30円程度だった。
 なお、24時間すべての時間帯で、30分間隔で「こまめに入り切り」するよりも「つけっぱなし」にしたほうが消費電力量は小さかった。この差は、「こまめに入り切り」した場合、何度もエアコンの運転をオンにした直後に多くの電力を消費したためと考えられる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク