東芝テックがPOS搭載カートを開発、フルセルフ化でレジ待ちなしへ

東芝テックがPOS搭載カートを開発、フルセルフ化でレジ待ちなしへ
 東芝テックは、POSレジ機能を搭載したショッピングカートの商品化を図る。棚から選んだ商品をカゴに入れる際、顧客自らがカートに取り付けられた端末でバーコードを読み取ることで、レジでの会計待ちの時間を削減する。今秋、国内の小売店での試験導入が行われる見込み。3月9日まで開催された展示会「リテールテックJAPAN 2018」に出展した。

 ショッピングカートにタブレット形状のPOS端末とバーコード(2次元コード対応)スキャナを搭載し、顧客は店内で商品を選びながら自分でバーコードをスキャンしていく。効率化や雇用難を理由にセルフレジを導入する店舗が増えているが、顧客のレジ操作は店員に比べ商品登録に時間を要するという問題があった。店内の回遊と同時に商品登録を行うことで、セルフレジで発生するレジ待ち時間の増大を解消する。
 商品登録後、現金で支払う場合は有人レジや精算機へ向かう必要があるが、2次元コードを利用したモバイル決済システムなどを組み合わせれば、セルフサービスで会計を完結させることができる。また、買い物開始時に顧客IDとなるバーコードなどを読み込ませることで、パーソナライズしたお買い得情報の提供や、ビーコンなどの位置情報技術と連携させることで、特売商品の提案なども可能となっている。
 東芝テックではあわせて、カゴに入れるだけで商品登録が可能なRFID対応のカートや、バーコードやタグに頼らず画像解析で商品を認識する技術も開発。店舗の形態や扱う商材に応じて、最適な技術を組み合わせて提案していく。(BCN・日高 彰)
【関連記事】
富士通、視線から心理を推定するAIで「洋服の青山」の業務を支援
<特集>先進技術が販売現場の課題に寄り添う、小売向けITソリューション
IoTの「スマートマット」、在庫管理や自動発注で店舗運営を支援
ポイントカードではわからない、売り場の「真の姿」を見るIoT(前編)
池袋PARCOにて、ロボットが来店客の案内や業務補助を行う実証実験を実施

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年3月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュース

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。