パナソニック、「保冷庫」から脱した冷蔵庫の新提案

パナソニック、「保冷庫」から脱した冷蔵庫の新提案
パナソニックの「おいしい7days」
 大容量や保冷機能、省エネなどの性能競争に終始しがちな冷蔵庫の提案で、これまでになかった視点から切り込んでいるのがパナソニックの「おいしい7days」だ。

 「2015年の秋からスタートした『ふだんプレミアム』から、商品軸ではなくお客様の生活シーンに合わせた提案を展開している。冷蔵庫も、単なる保冷庫ではなく、つくり置きや常備菜という視点から提案できないかと話し合って『おいしい7days』がはじまった」と、パナソニックのメジャーアプライアンス商品部 冷蔵庫商品課の太田邦仁課長は語る。
 突出しているのは、あえて夫婦共働きにターゲットを絞っている点だ。100%に近い世帯普及率の冷蔵庫は、あらゆる年代や家族構成の世帯で使われることもあり、アピールするときは総花的になりがち。しかし、「おいしい7days」は夫婦共働きの子育て世代に絞ることで、週末に1週間分の夕食の下ごしらえをして、仕事や子育てで忙しい平日の家事負担を減らそうという新提案だ。
 しかも、単につくり置きするだけでなく、簡単でおいしくできることから生まれる時間的な余裕や、プレミアムな時間の過ごし方につなげる。つまり、耐久消費財の代表格である冷蔵庫を、時短家電でもあり食卓を豊かに彩る嗜好品でもある製品として仕立て上げたのだ。
 「おいしい7days」を実現する機能も、マイナス3度で1週間分を微凍結で保存できるパーシャルと、野菜をフレッシュなまま1週間新鮮に保存できる野菜室の2点に絞った。とりわけパーシャルは、30年以上も前から同社の冷蔵庫に搭載されている機能だが、「おいしい7days」で再びよみがえらせた。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年3月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。