OPPO Japan、2018年12月末までに約200人を採用、人材強化で日本での地位確立へ

OPPO Japan、2018年12月末までに約200人を採用、人材強化で日本での地位確立へ
OPPO Japanが人材強化へ
 OPPO Japanは3月14日、2018年12月末までに最大200人を採用すると発表した。人材強化によって、他国で築き上げたような地位を日本でも確立していく。

 今回の採用で、営業、マーケティング、バックオフィスを中心に、90%の人員を日本法人で採用する予定。中途採用だけでなく、最大10人の新卒採用も行う。現状のスタッフは、出身国がさまざまで英語と中国語、日本語を交えて業務を遂行している。なお、入社後には英語・中国語など語学面でのサポートとして、月額で最大2万円を支給するという。
【関連記事】
OPPO、業績29%増と東南アジア2位、日本でも存在感をみせるか
【速報】OPPO Japan、記者会見で鄧宇辰代表取締役が「新たな幕開け」をアピール
アジア首位のOPPO、日本でのスマホ成功のカギは
【速報】OPPOが日本市場参入を正式発表、第一弾スマホは「R11s」
iPhoneだけじゃない、Y!mobileのもう一つの選択肢

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年3月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。