短時間の朝寝・昼寝のススメ、熟睡できるコツ

短時間の朝寝・昼寝のススメ、熟睡できるコツ
移動時間やスキマ時間をうまく活用したい
       
 日中、強い眠気を感じたら、睡眠負債が蓄積しつつある証拠。負債を解消するため、短時間でも仮眠をとりたい。ただし、時間は15時半まで。夕方以降に寝てしまうと、その日の睡眠に支障が出て逆効果といわれている。移動時間や病院の待ち時間といったスキマ時間にさっと深く眠り、気分や調子をうまくリセットして、仕事のパフォーマンスを最大化するコツを紹介しよう。

●手持ちのデバイスを活用して活動状況を知る
 以前はブラックボックスだった睡眠の質や睡眠時間は、今は、睡眠計機能を搭載したウェアラブル端末やIoTデバイスを使えば自動的に計測される。Apple Watchのように睡眠計機能がない端末でも、アプリに表示された時間帯ごとの歩数のグラフやスタンド時間から逆算して、眠っている時間・時間帯が類推できる。
 日中の睡眠は、あくまで「仮眠」であり、1時間を超えてはならない。これは鉄則だ。睡眠の質が良ければ5分、10分でも十分にリセット効果が感じられるだろう。
 「座りっぱなしは良くない」という研究結果を受け、多くのヘルスケアアプリは、1時間に一度も立っていないことを検知すると、スタンディングアラートを出す。しかし、電車や飛行機などの移動時間は座ったまま、ずるずると眠りがちなので、スマホのアラームやウェアラブル端末のスタンディングアラート通知を利用して寝すぎを防ごう。
 仮眠時に熟睡するためには、耳に装着する左右のイヤホン

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月11日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。