世界スマートホームデバイスは前年比27.6%増に、IDC Japanが発表

世界スマートホームデバイスは前年比27.6%増に、IDC Japanが発表
 調査会社のIDC Japanは4月17日、コンシューマ向けスマートホームデバイス市場に関する市場予測を発表した。2017年、全世界のスマートホームデバイスの出荷台数は前年比27.6%増の4億3310万台だったという。

 IDCでは、今後の年間平均成長率(CAGR)として18.5%と予測。2022年には、出荷台数が9億3970万台に達する見通しとしている。スマートホーム市場で最も成長率が高いのは、引き続き「Amazon Echo」「Google Home」などのデバイスを含むスマートスピーカー。このほか、ビデオエンタテインメント製品を除いて2ケタのCAGRになると予測している。
【関連記事】
国内ウェアラブルデバイス出荷台数は3.8%増の24万2000台、IDC Japanの調査から
IDC Japanの3Dプリンタ市場分析予測、造形材料と関連サービスが伸びる
クラウドPCはIoTの入り口、日本HPが学生コミュニティ立ち上げ
IDC Japan、カラー化進むレーザープリンタ、2010年の市場は右肩上がり
IDC、2011年10~12月の国内携帯電話出荷台数実績、アップルが国内市場シェアで初めてトップに

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年4月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。