eスポーツの起源は日本にあり? ゲーム大会をめぐる歴史


 18年には、日本のeスポーツ関連団体が集結し、「日本eスポーツ連合(JeSU)」が設立。賞金問題を回避するためのプロライセンスの発行やeスポーツプレイヤーの支援を始めた。このほか、吉本興業やJリーグがeスポーツ事業参入するなど、経済的にも注目度が高まっている。ゲームがスポーツとして日本社会に受け入れられる日は、遠くないかもしれない。
【関連記事】
盛り上がるeスポーツ、世界市場規模は18年で9億ドル以上に
eスポーツ代表団体が来春設立、闘会議で日本初のプロライセンス発行
Jリーグがeスポーツ大会を初開催、優勝者はFIFA主催の世界大会へ
【TGS2017】注目集まるeスポーツ、日本における今後の可能性とは
eスポーツビジネスの新たな可能性とは――音楽業界にヒント

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年5月2日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。