東芝、BS/CS 4Kチューナー内蔵の4K液晶レグザと有機ELレグザ

東芝、BS/CS 4Kチューナー内蔵の4K液晶レグザと有機ELレグザ
有機ELレグザの新製品「X920シリーズ」
       
 東芝映像ソリューションは5月8日、12月1日からスタートするBS・110度CSの4K放送を受信できる、日本初となるBS/CS 4Kチューナーを内蔵した液晶テレビ「M520X/BM620Xシリーズ」を6月6日から順次発売し、同じくBS/CS 4Kチューナーを内蔵した有機ELテレビ「X920シリーズ」2機種を7月下旬に発売すると発表した。
 画面サイズは、4K液晶レグザ「M520Xシリーズ」は65型、55型、50型、43型、重低音バズーカ液晶レグザ「BM620Xシリーズ」は55型、50型、43型、有機ELレグザ「X920シリーズ」は65型、55型。
●日本初のBS/CS 4Kチューナー内蔵4Kテレビ
 「M520Xシリーズ」と「BM620Xシリーズ」は、BS/CS 4Kチューナーを内蔵し、テレビだけで12月1日から始まるBS・110度CSの4K放送を楽しむことができる。
 また、別売のUSB HDDを接続することで、地上/BS/110度CSデジタルの番組を見ながら、同時刻に放送中の地上/BS/110度CSデジタルの2番組を録画することが可能。さらに、好きなテーマの番組を自動的に録画する「おまかせ録画」、2番組を同時に表示する「ダブルウィンドウ」、音声で操作できるGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー連携などのスマート機能で、さまざまなスタイルで視聴できる。
 両シリーズとも、新開発の映像処理エンジン「レグザエンジンEvolution」を搭載し、BS・110度CSの4K放送や地上デジタル放送を高画質に描き出す。加えて、上位機種の「BM620Xシリーズ」は、新開発の「重低音バズーカウーファー」とフロントに配置した「クリアダイレクトスピーカー」を搭載し、映像を迫力ある重低音で楽しめる。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。