4倍の売上増も見込める、セルフ決済「ローソンスマホペイ」の実力

4倍の売上増も見込める、セルフ決済「ローソンスマホペイ」の実力
敵情視察も多いという「ローソンスマホペイ」
 ローソンが4月23日から5月31日までの期間限定で、都内3店舗のローソンで実証実験を行っているセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」を試してみた。商品をピックアップしたその場でスマートフォン決済し、レジに並ばずに買い物できる快適さは、一度体験したら元に戻れそうにないほどだった。

●平均4分の買い物時間が1分で終わる
 ローソンが事前に社員による買い物にかかる時間を比較した実験では、通常のレジ決済は入店から退店まで4分かかっていたが、「ローソンスマホペイ」だと1分で終わったという。行列に並ぶ顧客のストレス解消だけでなく、店舗にとっても、単純に4倍の売り上げアップが期待できるシステムだ。実際に使ってみた印象では、買う商品があらかじめ決まっていれば、数十秒で買い物するのも可能だと感じた。
 体験した店舗は東京・品川区の「ローソンゲートシティ大崎店」。オフィスビルのゲートシティ大崎イーストタワーの3階にローソン本社があり、店舗はその1階にある。JR大崎駅と直結していることもあり、利用客は周辺のオフィスビルで働くビジネスパーソンが多い。
 なかには黒のスーツを着た2人連れのビジネスパーソンなど、明らかに同業他社の社員による敵情視察といった雰囲気の人も見かけた。「ローソンスマホペイ」は、それだけ注目度の高いシステムなのだろう。
 まずは、事前にローソン公式アプリをダウンロードする。課題があるとすれば、この会員のID登録で少し手間を要するところくらい。アプリを立ち上げて店舗に近づくと、「店舗チェックイン画面」が自動で表示される。無線のBluetooth信号をスマホで読み取ると、地図と「入店する」のボタンが自動表示される仕組みだ。入店方法は、Bluetoothのほか、QRコードを読み込む方法も用意している。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年5月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。