ロボットで教えるプログラミング──WROがロボット教育シンポジウム

       
 「日本のICT教育の遅れを取り戻すため、阪神電鉄と読売テレビが、子どもたちが楽しみながら学べるロボット・プログラミング教育を軸に共同で事業を共同で開始した」というプログラボ。「鉄道会社が収益向上のために行う沿線価値向上の一環で力を入れている次世代委教育として、事業を展開している」と話した。プログラボを通じ、「社会に出て真に活躍できる人材や、一緒に働きたい人材を育成したい」として、小学校などへの出張授業も要請に応じて積極的に展開していると語った。
 「マインドストームEV3で育むプログラミング的思考」と題して事例を紹介したのは、岩手大学教育学部附属小学校の伊藤 晃氏。小学校でのプログラミング教育にEV3を取り入れて実施した具体的な5年生向けのカリキュラムなどを発表した。「最初の6時間程度で直進、右左折、回転、センサの動作など基本操作を習得させ、4時間程度で実際にプログラムを組み、コースを走らせることを学ばせた」と話す。また「タブレット上でプログラミングするだけでなく、複数の児童がホワイトボードに書き入れながらプログラムの検討を行うようにすることで、グループの中でプログラミング的思考が共有できるなどの効果があった」と話した。さらに「思考の状況をどう把握し、評価していくか。また教育課程への位置づけや年間計画をどうしていくかは今後の課題」と振り返った。
 シンボジウムの中盤で行われたワークショップでは、参加者が6つのグループに分かれ、実際にマインドストームのプログラミングを体験。コースに置いた2つのブロックを枠外に押し出すという簡単なプログラムを組んでグループ毎にできばえやタイムを競った。同じ課題であっても、ロボットの動作はグループごとにそれぞれ。モーターのばらつきや摩擦の度合いによって必ずしも動作が均一にならない場合もあり、参加者からは「単に直進させるだけでも意外に難しい」などの声も聞かれた。(BCN・道越一郎)

【関連記事】
AIの要素も加わったETロボコン2018、今年もスタート
夏休みに親が子どもに勉強させたい習い事、「プログラミング」が上位に
簡単で楽しくAIに触れる、IoT機器を模した次世代プログラミング教育ロボット「codey rocky」
Pepperを自由研究に、ソフトバンクがロボット・プログラミングツール公開
スマホで簡単にプログラミングできる電子工作ボード、+Styleで販売開始

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月24日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。