【会見速報】OPPO、日本にスマホ第二弾を投入、「R15 pro」と「R15 neo」

 2018年1月に日本のスマートフォンスマホ)市場に新規参入した中国の大手メーカー、OPPOは8月22日、防水とFeliCaに対応し、ノッチデザインの6.28型・フルHD(2280×1080ドット)有機ELディスプレイや2000万画素のインカメラなどを搭載する「R15 pro」と、6.2型・HD(1520×720)のTFT液晶ディスプレイや4230mAhの大容量バッテリを搭載する「R15 neo」を発表した。8月31日から順次、家電量販店のビックカメラやヨドバシカメラ、ノジマ、オンラインストアのAmazon.co.jpで発売する。2月に発売した「R11s」に続く、SIMフリースマホの第二弾となる。

 発売日と価格は、R15 proが9月下旬で、税別の実勢価格6万9880円前後、R15 neoのメモリ3GBモデルが9月7日で、2万5880円前後、R15 neoのメモリ4GBモデルが8月31日で、2万9880円前後の見込み。
 R15 proは、R11sと比べて1万円高いフラグシップモデルの位置づけ。R15 neoは、SIMフリースマホの普及機種の価格帯2万~3万円に合わせた形だ。
 日本法人であるOPPO Japanの鄧宇辰(トウ・ウシン)代表取締役は、「今年は、OPPOにとってグローバル展開の10年目となる節目の年。下半期は、OPPO Japanにとって大きく期待できる。ハイコストパフォーマンスとハイエンドフラグシップモデルを揃え、いずれもデザイン、機能、スペックで、これまでにない新しいモデルとなるだろう」と語った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク