空調家電のニッチ分野に再度脚光か!? ダイニチ工業による初の新製品発表会

 石油ファンヒーターで11年連続、加湿器で5年連続、国内販売台数シェアでトップを堅持しているダイニチ工業が、8月21日に同社初の新製品発表会を開催した。一般的に、石油ファンヒーターは成長性があると認識されていないカテゴリだが、なぜこのタイミングで大々的に情報発信する場を設けたのか。

 「成長性がない」と認識されがちではあるものの、実は石油ファンヒーターと加湿器は決して右肩下がりの市場ではない。近年では、石油ファンヒーターをエアコンの暖房と併用されるケースが多い。日本ガス石油機器工業会の調べによると、直近5年の年間出荷台数は200万~230万台で横ばいに推移している。加湿器に関しては、ウイルス対策や湿度管理の重要性が理解されてきたことで出荷台数が微増傾向。いずれも大きな伸びしろはないものの、安定推移している。
 「売れているのに、売れていないと思われている」。ダイニチ工業が発表会を開催した背景には、こうした世間の誤解を解きたいという思いもあるが、吉井久夫社長が気にするのは、むしろ誤解が真実になりかねない現状だ。
 「市場はたしかに安定しているが、業界トップであるわれわれが積極的に情報発信していかないことには、本当に衰退の道をたどりかねない」。かつて十数社あった石油ファンヒーターの開発メーカーは、いまや片手で数えられるほどに減った。画期的な製品も、なかなか生み出すことができていない。
 今回、発表した石油ファンヒーターは稼働羽と固定羽の5枚羽を採用した独自設計の「SGXタイプ」と、業務用ストーブレベルの暖房力を家庭用で実現した「FZタイプ」の2機種。従来機種の問題点の解決に真正面から取り組んだ意欲的な製品だ。石油ファンヒーターの購入者は、9割がリピーターということで、改善型の機能は受けがよさそうだ。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク